ゆきとどいた教育を求める「えがお署名」を実施しています

 2018年度政府予算にむけた文部科学省概算要求に対する要請署名(通称「えがお署名」)が5月から7月中旬までとりくまれます。

 「視力が悪くても、めがねを買ってもらえない」「虫歯があっても歯科にかかれない」「一日の食事が給食のみ」……貧困と格差の拡大が、子どもたちの安心のよりどころである家庭を直撃しています。教育費の問題も深刻です。大学の授業料は国立でも年間50万円を超え、通学費や生活費もかかります。学費を払えず、中途退学を余儀なくされたり、進学をあきらめざるを得ない、といった例が後を絶ちません。

 教育の機会均等を保障し、教育費の無償化をすすめるために「就学援助制度」の充実と高校生への拡充、「給付制奨学金」の拡充が求められています。今年は、高等学校等就学支援金制度の「3年経過後の見直し」の年です。「高校無償化」を復活すること、少なくとも910万円のラインを下げることを強く求めます。

 この署名の要求項目は、①国の教育予算をOECD諸国並みの水準にすること ②教育の機会均等を保障するため、教育条件整備をおこなうこと ③高校授業料無償化の復活 ④35人以下学級の実現 ⑤東日本大震災・福島原発事故や自然災害から子どもを守るため、学校と地域の復旧・復興をすすめること の5点です。
 文科省の概算要求に国民的要求の5項目を入れさせるよう、えがお署名にご協力ください。

えがお署名はchange.orgのサイトより、ネット署名も行っています。

署名用紙は、下記よりダウンロードできます。

えがお署名用紙(表・裏)

ピックアップ

Facebook

21日、自衛隊南スーダン派兵差止め訴訟第一回口頭弁論が行われました。
この日の法廷では原告の平和子さんが自衛官の母として、提訴に至った思い、派兵差止めを切々と訴えました。
「内戦状態」とされる南スーダン。5月にはまた道内の部隊がそこへ送られようとしています。
勤めていた会社がダメになり、自衛官となった息子が心配で、「仕事は自衛隊だけじゃない」「今の自衛隊は危険」と言ってきたが、その息子にいつ派遣命令が下されるかもしれない状況です。政府は自衛官に武器を持って他国の人と交戦する任務を命じようとしてる。それは、これまで説明されてきた日本の自衛官の任務とは違う。そう声をあげた私に息子は「母さんやめて」「騒がないで」と言う。お嫁さんと子どもを守らなければと…。
でも、もし今黙っていたら私はきっと後悔する…息子に恨まれても生きていてもらいたい…。自分の息子のことだけではない。どの隊員にも死んで欲しくない。どの隊員にも他国の人を殺して欲しくない。そう思い、息子に絶縁状を送り、連絡も断ちました。
南スーダンには政府軍にも反政府勢力にも、親を殺された少年兵がたくさんいると聞きました。彼らを撃たなけれはならない任務を命じるのを絶対にやめて欲しい。自衛官をすぐに返して欲しい。黙ってはいられません…

弁護団長の佐藤博文弁護士は1時間にわたった長い弁論の最後に「この裁判は自衛官に下された命令が、他国の人に対する武力行使、武力による威嚇を禁じた憲法の平和原則に反することを具体的な事実に基づき明らかにし、憲法を守る国民の義務を果たそうとするものであり、同時に、戦争を放棄した日本国憲法の下で私たち国民が平和的に生活する国民としての権利を守るためのもの」と裁判の意義を述べました。
裁判後の報告集会では、イラク訴訟の違憲判決を獲得した名古屋の弁護団、南スーダン「日報開示」請求の日本平和新聞編集長布施祐仁さん、元自衛官の末延さんらから「特別報告」も…盛りだくさんの第一回口頭弁論でした
... See MoreSee Less

View on Facebook

「教育が”罪”にされた時代」を考えた… ... See MoreSee Less

「教育が“罪”にされた時代」を考えた集会 「”生活の実態を語る””子どもが先生を慕う”ことが罰せられる時代があったこと、その痛切な反省...

View on Facebook

「教育が“罪”にされた時代」を考えた集会
「”生活の実態を語る””子どもが先生を慕う”ことが罰せられる時代があったこと、その痛切な反省のもとに戦後教育が始まったことを忘れず、暗黒の時代を二度と招かないために今一度がんばらねなければと思いました」「過去と現在を知るための講演にもっともっと参加したいです」「佐竹さんの思いたっぷりの講演には本当に感動しました。絶対にそんな時代を繰り返させたくないと思います。作文教育、図画教育の弾圧を教師の側から捉えていましたが、事件は子どもたちもまた深く傷つけていたのだということに気づかされました」…道内各地から参加した教職員からたくさんの熱い感想があつまった「子どもと教育を守る北海道集会」。
2月11日の午後にひらかれた集会は道高教組、北教組の共催で150名の教職員、市民が参加しました。

講演は、「北海道綴方教育連盟事件」についての著書「獄中メモは問う~作文教育が罪にされた時代~」の執筆者、佐竹直子さん(北海道新聞記者)。
1940年、北海道の各地で「綴方教育」を実践していた教師ら約60人が逮捕され、12人が起訴されました。日常生活のありのままを作文に書くことを通して、子どもの感性を育てようと実践されていた「綴方教育」が「貧困などの課題を与えて子どもに資本主義社会の矛盾を自覚させ、階級意識を醸成した」などとして治安維持法違反容疑をかけられたのです。逮捕された教師らは、自身が逮捕された理由もわからず、特別高等警察「特高」や検事らからの暴力や脅し、長期の拘禁により、当局に都合の良い証言をさせられました。この弾圧事件は、三浦綾子さんの小説「銃口」の題材となったことでも知られています。

佐竹さんは、2013年、新聞の終戦企画の取材過程で「綴方事件」を知り、札幌市の事件関係者の遺品から、ボロボロのメモ紙を見つけます。メモ紙には、当時の生々しい取り調べの様子が「叩く。ける。座らせる。おどかす・・・」などとして記されていました。
佐竹さんがその古いメモの内容を紐解いているさなか、国会では特定秘密保護法案の審議が始まり、翌年になると集団的自衛権の憲法解釈の変更が議論されるようになります。佐竹さんは、そのときの心境を「古いメモを紐解くことでわかってきた戦時中の状況と今の状況が重ねってきて、私の取材ノートを現代が追いかけてくるようで非常に恐ろしい思いでした」と語りました。
当時の国が示していた作文は、「天皇陛下万歳」「進め進め兵隊進め」などの内容の教科書を、ただ書き写すだけのものでした。そのようなかで、「子どもたちの生活をありのまま書くことで心を豊かに育てたい」。そのような教師らの思いで始まった綴方教育が罪とされました。
子どもたちが書いた作文も罪の「証拠物」として扱われます。父さんが出稼ぎに出たあとの家で母親を助けるために兄弟で「ナット売り」をしたことを書いた綴り方などが「階級意識」「左翼思想」の育の教証拠にされます。
 教師らの逮捕について、子どもたちは、事情をよく知らされなかったようです。佐竹さんは「不当な取り締まりを受けた先生たちも被害者ですが、一番の被害者は、何も知らずに先生を待ち続けた子どもたち、大好きだった先生を慕うことが“罪“と言われた子どもたちではないでしょうか」と語っていたことが印象的でした。
佐竹さんの著書には、「一人一人がそれぞれにこの事件を現代に置き換え、自分に置き換え、今をどう生きるかを考えてほしいと、強く願う」と著書に込めたメッセージとして記されています。
憲法改悪、「戦争する国づくり」と一体で教育への介入や統制が強まるいま、教育はだれのためのものか、改めて問い直す大事さを感じる講演となりました。(H)
 
... See MoreSee Less

View on Facebook
PAGETOP
Copyright © 北海道高等学校教職員組合連合会 All Rights Reserved.