メインメニュー


ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録



 このページには道高教組からの様々なニュースが掲載されており、あなたの興味のあるカテゴリーを抜粋表示することも可能です。
 下のプルダウンメニューから項目を選択し表示ボタンを押してください。
教育研究活動 : 2013合同教研
投稿者: honbu 投稿日時: 2013-09-20 12:35:10 (1176 ヒット)

2013合同教研は 11月2日(土)〜3日(日)
かでる2・7で
教育の夕べ(2日)記念講演は門脇厚司さん(茨城県美浦村教育長) 
今年2013年の全道合研は11月2日(土)〜3日(日)、かでる2・7(札幌市)で行われます。若い参加者が気軽に実践を持ち寄れるような教研をめざし、実行委員会で力をあわせ、成功させていきましょう。
主な日程(現段階での予定です)

11月2日(土)
9:45〜12:15 テーマ討論(以下、仮題)
〃法が生きる教育と社会の実現を
∋笋燭舛聾業とどう向き合うか
3悗屐‘く つながる ~「生きづらさ」の狭間で
ぁ峩チ茲抜浜」を乗り越える実践・学校づくり
ァ 嵋迷隋肇▲ぅ命郵問題”を考える」(先住・少数民族の問題)。
13:30〜16:30 分科会
16:45〜18:30 教育の夕べ(かでるホール)
 記念講演は門脇厚司さん(茨城県美浦村教育長)。
※高校生演劇は今年、諸般の事情で行いません。楽しみにしていた方、ごめんなさい。

11月3日(日)
9:30〜15:00 分科会

教育の夕べ(2日)記念講演は門脇厚司さん(茨城県美浦村教育長
 今年の教育の夕べの記念講演は、門脇厚司(かどわき・あつし)さんをお招きします。
門脇さんは、『子どもの社会力』(岩波新書)などの著書があり、日本教育社会学会長・筑波大学名誉教授・筑波学院大学学長などを歴任。茨城県美浦(みほ)村教育長に就任して3年目になります。大学学長経験のある、異色の教育長として注目されています。
 今、全国の教育委員会と学校現場は、「学力」向上の「成果を上げる」ために四苦八苦させられています。門脇さんは、学校の先生方が「学力」向上に縛られることで、教育の本質や、子どもたちの人間形成にとって何が最も大事なことなのかが忘れられているのではないかと考えました。そこで昨年、「美浦村は学力向上路線から離脱する」と宣言。そして、先生たちを「楽しい授業をやってほしい。先生自身が授業を楽しんでほしい」と励まし、「美浦村は授業王国をめざす」と宣言します。
 北海道では、「学力」向上を掲げる道教委が、今年4月に行われた「全国学力テスト」を前に、子どもと保護者向けに異例のメッセージを出しました。その内容は、「北海道は最低ランク」「恥ずかしくないのか」と子どもたちを脅すような内容で、競争にとらわれ、およそ教育的とは言えないものでした。教育とは何か、教育委員会の役割とは何なのか、考えさせられる出来事でした。今、安倍政権がすすめる教育改革の下、全国各地で「いじめ」
防止や「学力」向上」を理由に教育委員会を飛び越えて、直接行政が教育に介入しようとするやり方が横行しています。今、あらためて、教育とは何か、教育委員会や学校など、子どもと関わるおとなたちが為すべきことは何なのか、門脇さんの講演から学びたいと思います。
 教職員に限らず、教育に関心のあるすべての方に、「教育の夕べ」の参加を呼びかけ、たくさんの参加者で門脇さんを迎えましょう。
 *チラシは「ダウンロード」でごらん下さい
  ※門脇厚司さんの最近の論文
『教育』(かもがわ出版)2013年7月号所収
「学力向上路線からの離脱ー茨城県美浦村の教育構想と具体的施策の数々」
(以上「実行委員会ニュース」より)

 

北海道高等学校教職員組合連合会 〒060-0042 札幌市中央区大通西12丁目 TEL 011-231-0816 FAX 011-241-8510