メインメニュー


ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録



 このページには道高教組からの様々なニュースが掲載されており、あなたの興味のあるカテゴリーを抜粋表示することも可能です。
 下のプルダウンメニューから項目を選択し表示ボタンを押してください。
北海道の高校教育を : 機械的な「再編計画」の撤回求め「声明」
投稿者: honbu 投稿日時: 2012-06-20 12:13:14 (1575 ヒット)

機械的な「再編計画」の撤回求め「声明」
 北海道教育委員会は、6月5日、「公立高等学校配置計画案」(2013〜2015年度)を発表しました。
 発表された「高校配置計画案」では、「新たな高校教育に関する指針」に基づき、生徒減を理由にした相変わらずの機械的な削減案が示され、2013年度4校、2014年度7校の各1学級削減、2015年度に至っては、9校(岩見沢東・奈井江商業・札幌西陵・千歳北陽・富川・旭川凌雲・留辺蘂・釧路商業・釧路東)で各1学級、2校(札幌真栄・札幌平岡)で各2学級と、大規模な学級削減案を示しています。
「指針」が推進する「新しいタイプの高校」による「多様化」は2013年度の札幌厚別高校の総合学科への学科転換、普通科単位制を2013年度に3校、2014年度1校、2015年度1校導入とし、2015年度には札幌開成高校を中等教育学校(中高一貫校)に再編することが強引にすすめられようとしています。
 定時制高校で、2015年の帯広農業・音更の昼間定時農業科の募集停止案が示されていることなど地域や道民の願いとはかけ離れた配置計画に対し、道高教組は「機械的な配置計画案を撤回し、子ども・学校の実態と保護者・地域の願いにもとづいた配置計画づくりを求める」声明を行いました。
*「声明」全文は、左の「ダウンロード」でごらん下さい

 

北海道高等学校教職員組合連合会 〒060-0042 札幌市中央区大通西12丁目 TEL 011-231-0816 FAX 011-241-8510